Company Information

logo5.jpg (5KB)
/Home /News /Beowulf /Products /Service&Support /Company /bioinformatics /お問合わせ

Open Computing Platform

PC(インテルアーキテクチャ)+Linux+クラスタリングによりもたらされる真にオープンな コンピュータ環境をコムアレイ株式会社は追求します。

一口でPCといっても、そのマザーボードだけを取り出してみても1万円以下のものから 10万円以上するものまで千差万別。PCを構成する部品は、信頼性や性能、OSとの相性など 目的に応じて選択でき、標準規格が互換性をもたらすことにより適正な価格と品質が期待 できます。最新のCPUの性能は、もはや20世紀末の大型機の性能に匹敵するといってもいいでしょう。

そしてLinux、これは現在最も進化し続けているUnixといえるでしょう。最新のソフトウェアは Linux上で開発されているといっても過言ではありません。

PCの進化がLinuxをメインUnixへと押し上げ、Linuxがクラスタリングという技術を広める原動力 となります。クラスタのコンセプトとしては安価な市販部品を使ったPCを使って スーパーコンピュータに匹敵する性能を追及したNASAのBeowulfプロジェクトに由来する Beowulfタイプが有名ですが、HAといわれる信頼性に重点を置いたクラスタも存在します。 クラスタリングのためのソフトウェアや対応アプリケーションの開発が世界中で始まっており、 PCクラスタが大型機に取って代わる時代になりつつあります。

クラスタリングの必要性

適正なコンピュータを用いたクラスタは従来の大型機の軽く10倍以上のコストパフォーマンスが得られます。 コストが同じであれば10倍以上の性能が得られる訳です。そして、この性能は必要に応じて 拡大できるスケーラビリティも併せ持っています。今やクラスタは企業戦略上非常に重要な 位置を占めています。例えばバイオインフォマティックスの分野ではCelera、Incyte、Tularicと いった企業がLinuxクラスタを大規模に使用し、より早く成果を得ようしています。
バイオインフォマティックス以外にも、構造解析、気象予測、流体解析といった科学技術計算、 パラレルDBMS、金融工学といった分野でも利用が始まっています。簡単に言ってしまうと、 より速く計算することが利益を生み出す分野、解析が必要だがスパコンを買って計算していた のではコストに見合わなかった分野に投入しやすいでしょう。

コムアレイ株式会社概要

会社地図

会社名コムアレイ株式会社
設立2002年 1月 18日
代表者代表取締役 山田 寛之
資本金1000万円
本社〒272-0802 千葉県市川市柏井町1丁目1231番地10
ラボ〒260-0026 千葉市中央区千葉港4-3千葉県経営者会館504
事業内容 クラスタコンピュータシステムの製造販売
システムインテグレーションサービス
コンピュータ関連機材販売
コンピュータ技術調査

ラボへのご案内

地図
map.jpg (31KB)

HOME

Webに関するご意見、お問い合わせはwebmaster@comarray.com, 商品、サービスに関するお問い合わせはinfo@comarray.comまでお寄せ下さい
Copyright(C) 2002 Comarray Corporation